失恋を経験するなら早いほうがいいです


失恋というものは、素敵な出会いのチャンスをゲットするために必ず必要なプロセスだからです。もし、自分は失恋など経験することなく素敵な恋ができているという人がいれば、その人はとんでもない嘘つき化、あるいは単純に、まだ失恋というものを経験していないだけです。

今はいい気になっていたとしても、そのうち必ずつらい思いをするので、もしもあなたのまわりに、まだ失恋を経験したことがないなどという人がいて、その人があなたのことを馬鹿にするなら、少なくとも今のうちだけは好きなように言わせておけばいいと思います。

まだ失恋を経験していないと言い切る人は、確かにその時点では幸せな気分を味わっているのかもしれません。けれども、失恋は誰もが経験するもので、むしろ失恋する前より後のほうがより一層幸せを実感できるものなので、できる限り早いうちに失恋を経験しておいた方が、どう考えても自分のためになるのです。このことに気づいている人は意外と少ないように思います。目先の利益ばかりを考えると、確かに失恋という出来事はたいへんショッキングなので、できれば経験したくないと思うでしょうし、模試も経験したなら、大変なショックを受けるでしょう。

でも長い目で見たら、失恋することで自分の欠点が見えたりして、それがきっかけで自分というものを見つめなおすようになり、自分の欠点が一つでもなくなれば当然のことながら異性にもモテるので、結局は失恋を経験した人のほうが幸せな恋ができるのです。

出会いのチャンスはたくさんあったほうがいいので、早めに失恋を経験して、自分の欠点を見つめなおすきっかけを持った人のほうが、結局は素敵な出会いを実感できます。
これは事実です。

失恋をすることは悪いことだとか恥ずかしいことだとか、そんなふうに考える人が多いですが、実際には、失恋を経験することは悪いことでも何でもありません。むしろ、失恋を経験しないことのほうが、私はよっぽど問題のあることだと思います。なぜなら、失恋を経験しない人間というのは、いつまでたっても自分の欠点に気がつかないままです。

自分の悪いところに気がつかないので、結局は誰からも好きになってもらえるチャンスがないのです。

ネット上で話題のアプリ厳選→出会系アプリ おすすめ